矯正歯科

地域に根づいたかかりつけ歯科医院だからこそできる小児矯正

当院では「地域のかかりつけ歯科医院」として、虫歯治療や口腔ケアも同時に進められる、患者さまの生活に寄り添った矯正治療を目指しています。
赤ちゃんをお連れいただいたお母さまにお口のケアの方法をご指導して、その子が成長すると上手な歯みがきの方法を丁寧にお教えします。成長と共に生え変わりが起こり、そこで歯ならびに問題が出てきた場合に矯正治療を検討することになります。
矯正治療とは、器具を使った治療だけを指すのではなく、頬杖や指しゃぶりなどの癖の指導も含まれます。小さい頃から保護者の方も含めて必要な情報提供を行い、歯ならびに悪い影響を及ぼす癖があれば改善できるようにアドバイスして、少しでも歯ならびが良くなるようにご指導していきます。
矯正治療はもちろん大人になってからでも受けられますが、やはり子どものうちから始めた方が多くのメリットがあるため、お子さまの成長を見守りながら適切なタイミングで治療に入れるようにすることが、かかりつけ歯科医院としての大切な役割と考えています。
「矯正治療に通う」というよりも、「検診に通いがてら歯ならびを治していく」という感覚で、口腔ケアや虫歯の治療なども並行して進めながら、健康的で綺麗なお口と歯ならびを実現されたお子さまが当院にはたくさんいらっしゃいます。

「美」を求める方の選択肢の一つとしての矯正治療

当院では矯正治療を「口腔機能を改善するための選択肢の一つ」と考えています。ただ歯を綺麗に並べるということではなく、最善のフィニッシュを目指す上で必要なアイテムの一つとして、お口の機能全体を見ながら、お子さまから大人の方まで幅広い年齢の方の矯正治療にご対応しています。
例えば、セラミックをかぶせて歯を綺麗に見せる審美治療を希望されている患者さまに対して、歯ぐきのラインを整えるための矯正治療や、仕上がりのクオリティを上げるための歯ぐきの手術と矯正治療を組み合わせて行うことをご提案することもあります。
審美治療のみを行うよりは治療期間が長くなりますが、部分的な矯正を行った上でセラミックをかぶせるか、そのままかぶせるかでは最終的な結果に大きな差が出ますので、複数の選択肢を提示して、患者さまの「なりたい自分」に合わせた治療法を一緒に考えていきます。もちろん、患者さまが希望されない治療を無理に勧めるようなことは決してありません。
近年では、歯科矯正用アンカースクリューを一時的に顎の骨に埋め込み、それを固定源として歯を動かすインプラント矯正とも呼ばれる方法なども一般的になっており、さまざまな治療と矯正を組み合わせた方法はこれからさらに広がっていくことが考えられます。

皆さまが健康な自分の歯を
一生使い続けることができる
お手伝いをいたします

地域の皆さまの歯を守る「まちの歯医者さん」として、皆さまに愛されるクリニックでありたいと思っています。
口内の事でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

  • 0561-33-3232
  • 診療時間・アクセス
  • page top